スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2009年度新歓山行 5/9-5/10 美ヶ原にて 前編
ブログを書くという案には賛成しておきながら、一年以上放置してしまった4年、幹事長のMです。

自身初の更新は、今年度初の公式山行でもある新歓山行についてになりそうです。


瑞垣山金峰山、この2つのピークを目指す3日間の山行が、これまでの僕達アルペンの新歓山行のお決まりのパターン。
瑞垣山からの360度のパノラマはとても綺麗だし、山を降りてから温泉風呂までの歩道の新緑の美しさはとても素晴らしいものがあります。

ですが、4年がどちらとも就活で山行に参加できなくなる可能性も考慮してみると、1年と2年だけで若干危険がないとも言えない山に行かせるのはマズいんじゃね?
ということで、今年の新歓山行美ヶ原高原へ土日をかけて行くことに決まりました。


5/9(土) 
6:30に高尾駅集合ということで、眠い目をこすりながら駅へ向かい電車へ。

改札で1人と、ホームで2人と合流、僕を入れて4人が今回の山行のメンバーです。

高尾から中央本線各駅停車に乗り込み、乗換えを3回経て11:40松本駅に到着、4時間近く列車に揺られていましたが、ほとんど寝ていたので何があったかはさっぱり失念。天気がイイナーなどと考えていた気がします。

目的地である三城いこいの広場キャンプ場は、松本駅からさらにバスで1時間半。窓から入る涼しい風と雲ひとつ無い青空のおかげで、全員一瞬で眠りに落ちました。

サブリーダーを務める2年Nに起こされバスを降りると、目的地に到達していました。

ここから徒歩でほんの少し歩き、今回テントを張ることになった三城いこいの広場に到着です。

まだシーズン本番ではないとはいえ、テント泊は僕達のみ。なかなか広い草原の上に早速テントを設営します。

自身の山行が凡そ一年振りということで、テント設営の手順に若干の不安を抱いてはいましたが、後輩と協力して5分ほどで無事テントを設営完了、そのままテントの外の草原で昼寝タイムに突入です。

1時間程度だらだらとしたあと、初日の探索ということで明日辿る予定の登山道の下見へ出かけます。

ここでハプニングが発生。事前情報でも聞いてはいたのですが、登山口がどこだかとても分かりにくい!

何とかそれらしき道を見つけ先に進むも、途中で行き止まりになってしまいました。すぐ上に車道が見えるということで無理やりを掻き分け進み車道までたどり着きました。

そのまま少し進むと目の前に目的地である広小場の看板が。どうやら全く逆を通って来てしまったようですが、無事着けたので結果オーライです。

明日登るときは晴れるといいなーなどと考えつつ広小場で休憩を取ります(雨男なのでほとんど晴れた山に登っていない)
休憩中に付近の清流の水を飲みに行くN。味の感想を尋ねると「魚の味がする」とのこと。飲んでみようかなーと考えてましたが即撤回です。

テント場までは本来辿るはずだった登山道を明日の下見も兼ねて通って帰りました。春の林道のいい雰囲気に明日への期待も高まります。

テント場に着いたら整理体操をし、軽い休憩を挟んで夕飯の準備に取り掛かります。
新歓山行の一番の楽しみといえばやはり夕飯のカレー!これは定番ですし譲れません。
食事当番である2年のIにもウマイカレーを作るという気合が見て取れます。

1時間後、スープと化した若干味の薄いカレーを食べた僕達は、お酒を飲みながら大富豪でゴミ担当を決め、明日の本番に向け早めの睡眠をとるのでした。

後半へ続く

スポンサーサイト
山行 | 00:20:55 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。